日枝神社(山王日枝神社)

 

御祭神
 大山咋神 (おおやまくいのかみ)

 大己貴神 (おおなむちのかみ)

御創立

 当神社は天正7年(1579)中島筑後守信尚が社殿を造営して鎮祭せりとあるも、境内に柊(ヒイラギ)の老樹あり、景行天皇の御代に日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、柊の根本に憩い「清キ土ナリ」とのたまいけるとて、爾来この村を清土(きよど)と称したるも何時の頃よりか、清戸と改められたとあり、故に当時の柊は枯れその根株より蘖(ひこばえ)を生じ今日に至る云々とあり、依って日本武尊が祭祀せられたといい伝えられている。

 御祭神の大山咋神は、大年神(素戔嗚尊の御子)の御子神で、別にその御名を、山末之大主神ともたたえ申し上げます。大山咋神の「咋(くい)」は「主」という意味で、大山の主であると共に、又ひろく地主神、開拓の神、殖産交通運輸の守護神であらせられます。

 大己貴神は、出雲大社の御祭神、大国主神と同神で、国土開拓人民に衣食住の道を教えられ、又医薬等の術を授けられた御方で、俗に福徳円満の神、大国神又は、縁結びの神として著名な御方であらせられます。
主祭神は猿を愛されたので、眷属(けんぞく)となされ、古来より「見ざる」「聞ざる」「言ざる」三猿と称して福徳円満をもたらし、「魔さる」「勝さる」に通じ、あらゆる悪事災難を除き何事によらず、明朗快活の日々を送り、家庭の和楽と健康に恵まれ、生活活動に限りなき恩恵をかがふらせ給うなど、交通災害等消除の霊験あらたかにましまして、八面六臂(はちめんろっぴ)の神通力によって、八方厄除の守護神で、御神徳は広大無辺にあらせられ、一切の災悪を祓って福を招き、無病息災、家庭円満、商売繁昌の守護神であらせられます。

 

主なる祭日
元日祭   1月1日
節分祭   2月節分の日

祈年祭   2月17日

天長祭   2月23日
春季例祭  4月15日

夏越大祓  6月30日
獅子祭   7月15日前後の日曜日
秋季祭   10月5日
新嘗祭   11月28日

初穂会   11月28日

 

月次祭   毎月1日
 

 ご神木
東京清瀬 日枝神社・水天宮 ご神木
 

水天宮

 

御祭神
安徳天皇(あんとくてんのう)
底筒男神(そこつつおのかみ)・表筒男神(うわつつおのかみ)・中筒男神(なかつつおのかみ)

 安徳天皇を祭神とする本社の水天宮は、福岡県久留米市瀬下町に鎮座まします御本社より、御分霊を勧請した社でありますが年代は詳ならず、安産守護・水難除・寿命長久の霊験高きを以って知られております。
底筒男神・表筒男神・中筒男神の三筒男神は、神宮皇后の三巻韓征伐の砌り、皇軍を守護し給うた神で、会場守護・除災招福・商売繁昌の神として著名であります。


御祭日
初水天宮祭 1月5日

毎月5日の御縁日には、露店が出店して、安産祈願及び安産御礼まいりの参拝者が多い。


安産腹帯と安産御守
安産腹帯・同御守は当宮のいぬの日祭に析願をこめたものをお頒ちいたしております。この安産腹帯は、いぬの日、また日を選んで着用していただきます。
 

水天宮御守(御符:ごふう)
水天宮の御守(御符)は、他のお守と異なり、水にて頂けることから御符とも云い、五つの神呪文字より成り、「いつもじ」とも申されております。